こんにちは!
メタルTシャツショップMETAL IS FOREVERの本間です。

HR/HMを愛聴していると、
「バンドを組んでみたい!」、
「ライヴイベントを企画してみたい!」など、
抑えきれない熱い思いが出てきますが、
「バンドを組もうにもHR/HM好きなメンバーがいない」、
「イベントを企画しようとしても仲間がおらず、
自分一人では実践できない…」など実現するには高い壁があり・・・。

今回はそんな壁を乗り越えて、
そんな熱い思いを実際にカタチにした方のお話です。

 

まずはこのサイトを見てみてください。

ミートショップいとう
http://www.namara.co.jp/

 

サイトを見ていくと、
「EARTHSHAKER」のメンバーが!?

 

 

オススメ商品を見ると
「激辛なんDEATH!!!! 超悶絶激辛味付味噌ホルモン」!?
ロゴもなんかメタル風!?

 

そして極めつけは「HEAVY MEAT FORCE」なる、
メタルイベントを開催!?

 

10517172_527455714050607_1774815880_n

しかも出演アーティストがすごい!

EARTHSHAKER、SABERTIGER、
MEPHISTOPHELES、武尊が出演するという、
ジャパメタファンにとっては熱すぎるイベント!

 

(開催されたのは、2013年11月30日、12月1日の2日間で、
EARTHSHAKER、SABERTIGERらが出演したのは2日目。)

この「HEAVY MEAT FORCE」は
ミートショップいとう創業20周年を記念して企画されたもので、
まさかお肉屋さんとメタルが結びついて、イベントまでやってしまうとは…。
すごすぎですよね。

 

しかしこのイベント、ミートショップいとうの社長である伊藤さんが、
ただ自分の趣味だけで、このイベントを企画したのではないのです。

 

このイベントを企画した社長の伊藤さんは、
「俺が主催でLIVEをやってEARTHSHAKERを呼ぶから、それまでにガンなんて治して!」

 

という友人との約束を果たすため、

 

「その姿を、昔ハードロックを聞いていたのだけれども結婚したり子供が生まれたり、
仕事が忙しくなったりして離れてしまった人たちに広く訴えかけたい。熱い魂を取り戻してもらいたい。
そのことにより、仕事、趣味、あらゆることに今以上の情熱を注ぎ込むきっかけになって欲しい。」

 

そういった思いがあって、
このイベントを企画したとのことです。

 

こんな熱い思いもあってか、
あの「We ROCK」誌にイベントの記事が掲載され、
さらにはラジオや新聞など、各種メディアに取り上げられ、
チケットはソールドアウトし、イベントは大成功となりました。

 

(しかもイベントの収益はすべて寄付されたそうです!)

 

伊藤さんの熱い活動は、これだけにはとどまりません!

2012年夏には、
激辛なんDEATH!超悶絶激辛味付豚味噌ホルモンの
イメージソングを募集!

 

しかもその際の審査員として呼んだのは、
特別審査員に
44マグナムBAN氏
ex.FASTDRAW飯田光正氏!

 

京都激辛商店街主催、【KARA-1グランプリ】に北海道代表の物販店として出店した際は、
KARA-1グランプリ自社ブースに於いて先行販売を実施した
「激辛なんDEATHイメージソングCDを怒られない程度の大音量で流して勝手にヘドバンをする」
という企画を行い、80年代44マグナムらと共にジャパメタムーブメントをけん引してきた伝説のHRバンド、
MARINOのLEO氏も応援に駆けつけてくれたそうです!

 

その他の活動として、7/13(日)に東海道かわさき宿交流館で開催される、
メタリックフォーラムVol.2に参加するなど熱い活動を続けています。

 

伊藤さんは熱い思いを実践されてきましたが、
「じゃあ自分一人で何かできるのか?」
「伊藤さんは行動力がもとからあるんじゃないか?」
などと考える方も多いと思います。

 

伊藤さんはこうも語ってくれました。

「音楽業界に関してはど素人のただの肉屋がメタルを全面に出してライブまでやる。
それを見て俺にも出来る!と動きだす。個々で動き出した時点ではひとつの点でも、
何かのきっかけで点と点が線になったときに、新しい時代が来るかもしれません。」

 

自分一人の力では難しいことでも、まずは動き出さなければ始まらないですし、
一歩を踏み出してしまえば、その先にはきっと仲間が待っているはずですし、
たくさんの仲間が集まれば、より大きいことが出来るはずですよね。

 

例えば世界最大のメタルフェス、Wacken Open Air。
現在では数万人を動員し、チケットも即ソールドアウトになるほどの人気。

しかし最初は元々は地元のバンドSKYLINEが街起こしとして始めた規模の小さいものでしたが、
この小さな一歩がなければ、WACKENはなかったかもしれません。

 

伊藤さんの数々の熱い行動、WACKENのように、
もしメタルを通じてに何かをしようと迷っている方は、
まずは最初の一歩を踏み出してみてはいかがでしょうか?

名称未設定-1